ルーレットにおけるルールの考察および勝つための方法

カジノで大変人気のあるルーレット。
そのルールについて考察してみましょう。

ゲームの流れとしましては、賭けるマス目と賭ける金額を検討するところから始まります。
そして、決まったらマス目にチップをベットしていくことになるのですが、ディーラーがルーレットにボールを投入してから「ノーモアベット」の声がかかるまで、約15秒間程度とされているのです。
そしてボールがコロコロとルーレット盤を回り続けます。
ここが手に汗を握る緊張の瞬間ですね。
やがてボールが止まることになります。
そこで、止まった位置を確認して1ゲームが終了
マス目を確認して、当たりに応じて配当がなされていきます。
はずれはもちろん没収ということです。

チップの没収

これらを繰り返しながら、ルーレットゲームが進行しいていくのですが、皆さんは何か気づいた点はございませんでしたか?
そうです、ディーラーがボールを投入してからもベットを続けることができますから、運営側が何らかの操作をすることは不可能。
また、赤や黒など2倍の払い戻しがありますので、システムベットをおこないやすい点も着目する必要があります。
ルーレットの場合には、赤黒、ハイアンドロー、偶数奇数など様々な配当が2倍となる賭け方が存在していますので、マーチンゲール法を試してみるには最適かも知れません。

それからルールやゲームの流れを活かす方法として、シフトベット法と呼ばれる勝つための方法が存在しています。
ルーレット初心者には聞きなれない言葉なので、
「シフトベット法ってなんですか?」
と疑問に思うかもしれません。

この方法の歴史は古く、先人の知恵が凝縮した方法となるのです。
具体的にはディーラーのクセを観察するところから始めるのですが、そのクセとはボールを投入する際における力の入れ具合となります。

シフトベット法

一日に何回もボールの投入を続けているディーラーは、意識しない限り一定の力でボールやルーレット盤を扱うはず。
ですから、ボールが投入された際における数字の位置関係を観察しておけば、ボールが止まる位置に一定の法則が生じることになるはずです。
こうした事象を把握していれば、あとは練習や経験を積むことでかなり勝率をアップさせることができますよ。

もちろんピンポイントに数字を的中させることは難しいのですが、ある程度のゾーンを判断することは十分可能となります。
そこで判断することができたゾーンに対して、短時間に全てをカバーするベットができれば想像以上の勝ち方を期待することが可能なのです。