オンラインカジノ市場の形成過程

オンラインカジノの成り立ちは?

全世界で人気となっているオンラインカジノは、日本人プレイヤーからも人気となっていて、最近では日本語対応カジノも増えてきています。

オンラインカジノの成り立ちは?

オンラインカジノの成り立ちはごく最近と思われていますが、本場のカジノほどではないものの、それなりの歴史があります。
オンラインカジノは、1994頃にオンラインカジノにライセンスを発行すると言った法律が可決されました。
その頃に、初めてオンラインカジノが登場したのです。

当時はオンラインカジノの数も少なく、数十程度しかありませんでした。
しかし、オンラインカジノのゲームのソフトウェア開発に、大手のマイクロゲーミングなどが名乗り上げ、開発に取り組むようになりました。
そして、Windowsが進化し、全世界にインターネットが普及する中、オンラインカジノもどんどん進化していく流れになり、今では、一大エンターテイメントであり、世界中に市場規模が広がっています。

オンラインカジノでは、最新の技術が用いられ、1999年にはマルチプレイヤーシステムと言って、大勢で一つのゲームを楽しめる仕組みが整いました。
また、ジャックポットスロットなどの仕組みも出来上がり、プレイヤーの積み立てたお金が一度にもらえるなど、一攫千金が狙えるようになったのです。

ライブディーラーなどのシステムも今では搭載されており、ライブ感覚でオンラインカジノが楽しめるようになっています。

オンラインカジノのライセンスとは?

ここで気になるのがライセンスというものの存在です。
ライセンスは政府から正式に発行される許可証であり、オンラインカジノ運営をするために必ず必要なものです。
ライセンスは無条件に発行されるというものではなく一定の審査があり、公平性や安全性、そして企業の健全性や財務状況まで厳しく審査されることになり、一定のレベルに達していなければ、ライセンスが発行されません。
よって、オンラインカジノを運営することができる企業は一流の企業ばかりになります。

オンラインカジノを運営している企業はスポンサーをやっていたり、映画の作品とコラボをしていたりと、やはり健全な知名度のある企業ばかりなのです。
オンラインカジノのライセンスについては、このように厳しい審査を経て交付されるもので、さらにライセンスを習得するためには、高額なライセンス料も必要になります。

オンラインカジノのライセンスとは?

ライセンスが発行されるまでには、半年以上の月日がかかり、さらにライセンスが発行されてからも監査が入ります。
これは、外部の監査機関である、「イーコグラ」などの監査です。

ライセンスが発行された後も、こういった外部の監査機関からの監査が行われ、払戻率、安全性や公平性、プログラムの不正や改ざんがないかなどのチェックが行われます。
もしもここで何か不正があれば、直ちにライセンスは失効してしまいます。

ライセンスの有無に関しては、公式ホームページにライセンスマークが記載されています。
オンラインカジノを選ぶ際の、一つの目安としてこちらをチェックしましょう。
ライセンスは国によって発行基準は異なるものの、一定の基準に達しているという証明になりますので、安全性は確立されています。

オンラインカジノはどのように運営されている?

オンラインカジノは、このように合法国によってライセンスが発行されて、運営されています。
このため、オンラインカジノを運営している機関は海外業者ばかりです。
海外の業者ではなく、日本の業者が運営をしている場合には、それは違法な業者の可能性が高いですので、手を出さないようにしましょう。

オンラインカジノの運営業者がプログラムの運営そのものを行っていますが、ゲームのソフトウェアの制作を行っているのは全くの別会社です。
オンラインカジノのゲームを制作しているのはソフトウェア会社であり、オンラインカジノの運営業者と契約をすることによって、プログラムの導入を行っています。

オンラインカジノはどのように運営されている?

当然ながら、ここではオンラインカジノの信用度が関わってくるので、大手のオンラインカジノでは大手のソフトウェアを採用しています。
マイクロゲーミング社やプレイテック社、ネットエントなどは有名なソフトウェア会社であり、これらのソフトウェア会社についても外部の監査機関からの監査を受けており、公平性や安全性が保たれています。

また、プレイヤーとオンラインカジノの間に立ち、そして決済の管理を行っているのが決済会社です。
オンラインカジノの運営業者によって管理されているのではなく、あくまでも決済に関しては、電子決済サービスのアカウントを別で取得する必要があります。
この決済サービスには「エコペイズ」「アイウォレット」などの決済サービスがあり、日本語対応なので、簡単に使えるのはもちろんですが、海外の諸国ではオンラインカジノ以外のショッピングでも使用されています。

このように、いくつもの企業によってオンラインカジノは成り立っているのです。