Category Archives: オンカジに関する雑学

ジパングカジノから出金できない場合に確認すべき3つのポイント

多くの人にとってオンラインカジノは、ギャンブルはお金を稼ぐことが目的なので、せっかくゲームで勝っても最終的に出金できないとなると、とても困ったことになります。
ジパングカジノでは、基本的に配当金の出金は問題なく可能ですが、何らかの理由により出金できなくなりトラブルに見舞われることもあります。

もし出金できなくても、それは定められた出金条件を満たしていないなどの明確な原因が必ずあり、解決可能なので心配は無用です。

ここでは、ジパングカジノから出金できない場合に確認すべき3つのポイントを解説していくので、出金トラブルに見舞われた方はぜひ参考にしてみてください。

入金時と手段が違うと出金できない

入金時と手段が違うと出金できない

ジパングカジノは、利用者に合わせた様々な入出金手段を用意していますが、配当金を出金するためには、入金時と同じ手段を使うことを求められます。
具体的には、入金にオンライン決済サービスのエコペイズを使用したとすると、出金する際もエコペイズの使用が求められ、ほかのオンライン決済サービスは使えません。

もし、違うオンライン決済サービスを使って出金した場合、強制的にキャンセルされてしまうので注意が必要です。
しかし、出金に対応していないクレジットカードを使って入金した場合は例外で、ほかのオンライン決済サービスを使って出金することができます。

様々な手段が選択できるジパングカジノからの出金ですが、どの手段を選んでも避けられないのが、本人確認のための書類提出です。
本人確認用の書類としてジパングカジノから求められるのは、現住所が確認できる運転免許証のみとなっています。

もし運転免許証やパスポート、健康保険証などで住所変更届けを出している場合は補助書類が別途必要となります。
補助書類として認められているのは、3カ月以内に発行された住民票や公共料金の明細書で、残念ながらマイナンバーカードや住民基本台帳カードは使えません。

クレジットカードやデビットカードを使って入金した場合は、カードの両面を撮影した画像(CVVは隠す)を提出する必要があり、これを怠ると出金は認められません。

出金上限額を超えている

出金上限額を超えている

ジパングカジノでは1カ月に出金できる金額に上限が設定してあり、上限に達するとこれ以上出金できなくなってしまいます。
具体的には、出金の上限は「1カ月10,000ドル+入金額」となっていて、出金日は申請が行われた日で認識されます。

仮に3月31日に10,000ドルの出金を申請したとして、自分の口座に振り込まれたのが4月1日だったとしても、出金が行われたのは3月とカウントされるので、4月になってすぐに別の出金を申請することが可能です。

しかし例外もあり、スロットゲームのプログレッシブジャックポットで高額配当を獲得した場合や、ジパングカジノのマネージャーから合意を得ている場合などは、限度額を超えて出金をすることが可能です。
何らかの事情があり、どうしても限度額以上の出金が必要な場合は、サポートセンターに相談してみましょう。

ボーナスの出金条件を満たしていない

ジパングカジノでは様々なボーナスが獲得できますが、このボーナスを入手した場合と、受け取りを拒否したときでは、出金条件に違いが出てくるので注意が必要です。
多くの新規登録者が受け取るであろう初回入金ボーナスの場合は、受け取ったボーナス額の18倍(最大60倍)をゲームで使わないと出金条件が満たされません。

具体的には、200ドルを入金して初回入金ボーナスを200ドル受け取ったとすると、この2つを合わせた合計400ドルの18倍である7,200ドルをゲームでベットすることが必要となります。

一方、ボーナスの受け取りを拒否した場合は、入金額と同じ額をゲームでベットするという条件が課せられます。
例えば100ドル入金した場合、同じ金額の100ドルをゲームで使う条件が課せられますが、これはマネーロンダリング対策で仕方のないことなのです。

出金できない原因がわからない場合には

上記でご紹介した出金できない理由に該当せず、どうしても出金できない原因がわからない場合には、ジパングカジノのサポートデスクへ問い合わせしましょう。
ジパングカジノでは完全日本語で問い合わせが可能で、メール・チャット・フォーム・電話など、様々な手段から選ぶことができます。

サポートデスクには日本人が常駐しており、いつでもどんなタイミングでも日本語で対応してもらえます。
メールやフォームですと、いつ返信が来るかわからない不安がありますが、電話でしたらその場ですぐに解決できます。
また、携帯電話からでもフリーダイヤルに繋がりますので、一切の負担はありません。

まとめ

まとめ

ジパングカジノから出金できない場合に確認すべき3つのポイントについて解説してきましたが、参考になったでしょうか?
ジパングカジノで得た配当金は、問題なく出金が可能ですが、いくつかの条件や手続きを終えていないと出金できない場合があります。
ボーナスを獲得した場合は、入金額と合わせた額の18倍(最大60倍)をゲームにベットすることが求められ、ボーナスを受け取ってない場合でも入金額と同じ額をベットしないと出金条件を満たせません。

また、出金に使うオンライン決済サービスは、入金に使用したものと同じにする必要があり、もし違うサービスを選択する、手続きが強制的にキャンセルされてしまいます。
ほかにジパングカジノから出金が出来ない原因としては、本人確認が未完了だった場合や、すでに1カ月の出金上限額に到達してしまった可能性が考えられるので再確認しましょう。

もしこれらを確認しても出金できない場合は、何らかのトラブルの可能性もあるので、サポートセンターに相談してみるといいでしょう。

日本国内で「オンラインカジノを遊んでも 違法にならない」理由

日本が国として認めている地域は、日本を含めて 196 か国あります。
その国々には様々な歴史や文化・法律が存在し、時として「日本の常識は 世界の非常識」と受け取られることもあります。
今回は『賭博』に厳しい法律がある日本国内で「オンラインカジノを遊んでも 違法にならない理由」、そして「逮捕もしくは起訴されるケース」について ご紹介します。
 
 

「オンラインカジノ」の法整備が整っていない日本

「オンラインカジノ」の法整備が整っていない日本

日本には「賭博及び富くじに関する罪」と呼ばれる犯罪があり、これを取り締まるための法律が存在します。
「賭博及び富くじに関する罪」の中には、「賭博罪」「常習賭博罪」「賭博場開張図利罪」「博徒結合図利罪」などがありますが、どれもオンラインカジノには一切触れていません。
つまり法律が存在しない以上、オンラインカジノに違法性が認められ、逮捕されることは無いわけです。
 
「法律が無い」=「合法」ではなく「オンラインカジノは、法的にグレーゾーン
日本の「賭博及び富くじに関する罪」は、国内で開帳する賭博の胴元を取り締まる事を目的に整備されています。
「オンラインカジノは、法的にグレーゾーンである」という法的解釈は「合法国の政府機関からライセンスを取得している、海外のオンラインカジノ」に限り有効です。
仮に「合法国で運営している正規のオンラインカジノ」で遊ぶ場合でも、日本の賭博法においてグレーゾーンである以上は、ちょっとした 勘違いやミスで違法性に問われる可能性もある ため、注意しましょう。

日本国内を拠点に運営する オンラインカジノは「違法」
違法オンラインカジノを日本国内で遊ぶプレイヤーも「取り締まり対象」となるため、必ず「信頼度の高いライセンスを所持し、海外を運営拠点に設置する正規のオンラインカジノ」で遊ぶようにしましょう。
 
 

「インカジ店でのプレイ」は 違法行為

「インカジ店でのプレイ」は 違法行為

『インカジ店』とは、オンラインカジノをプレイできるパソコンが複数置かれた店のことで、完全違法であるため、運営者はもちろん、店に足を運んでいる客も逮捕されます。
ではどうして同じオンラインカジノなのにも関わらず、インカジ店でプレイすると逮捕されてしまうのでしょうか?
日本では、公営ギャンブル(競馬・競輪・競艇・オートレース)以外の賭博を開帳するのは違法行為であり、インカジ店自体に「賭博及び富くじに関する罪」が適用されます。
 
インカジ店の主な特徴

  1. 自分専用のオンラインカジノアカウントを作成する必要が無い
  2. インカジ店で働くスタッフへ現金を直接手渡すと同時にクレジットが反映され、カジノゲームを始めることができる
  3. ゲームに勝った際は、クレジットをスタッフに見せることで、現金手渡しで精算してもらえる

要するに『インカジ店』とは、オンラインカジノというインターネットを使ったギャンブルではありますが、実際には「その場でお金の受け渡しをする 違法賭博」に該当します。
アカウントを作成せずに気軽にオンラインカジノで遊べるインカジ店ですが、絶対に利用してはいけません。
 
 

アカウントの誤使用で「逮捕」されることも

アカウントの誤使用で「逮捕」されることも

オンラインカジノの利用規約には「アカウントは本人のみ有効」と記載があります。
自身のアカウントを第三者に貸した事実がバレた場合、アカウントを凍結させられ、二度と同じオンラインカジノで遊べなくなる可能性もあります。
しかし本当に怖いのは、自分のアカウントを第三者に貸すことで「自身が胴元と見なされ、警察に逮捕されてしまう」可能性がある点です。
ただ遊ばせるだけなら「オンラインカジノの利用規約違反」のみで済みますが、そこに「お金のやり取りが発生した場合は、完全に違法行為」になります。
 
「賭博場開張図利罪」と見なされれば、” 3か月以上5年以下の懲役 ” に処せられるケースも
例えば「友人から100ドル分のお金を受け取り、自身のアカウントに入っている残金で友人がプレイして勝ったため、勝利金を出金して友人に渡した」場合は、違法行為と見なされ懲役を求刑される最悪のケースも考えられます。
オンラインカジノのアカウントは、自分自身のためだけに使用し、絶対に第三者に貸さない ように留意しましょう。
 
 

まとめ

今回は『賭博』に厳しい法律がある日本国内で「オンラインカジノを遊んでも 違法にならない理由」、そして「逮捕もしくは起訴されるケース」について ご紹介させていただきました。
「信頼度の高いライセンスを所持し、海外を運営拠点に設置する正規のオンラインカジノ」でしたら、日本の賭博法ではグレーゾーンとなるため、日本国内で逮捕される恐れはありません。
 
しかし、国内を拠点にした違法オンラインカジノで遊んだり、インカジ店で遊ぶのは完全な違法行為です。
また「正規の海外オンラインカジノ」であっても第三者にアカウントを貸してしまうと、違法性に問われる危険があるため「自身のアカウントを第三者に貸与しない」事を徹底し、安心で安全なオンラインカジノ遊びを満喫しましょう。

カジ旅で遊べるオススメのブラックジャック3選を大公開!

今回は、カジ旅で遊べるおすすめのブラックジャックをいくつか紹介していきます。

カジ旅とは、ライブカジノやテーブルゲームなど約115種類以上のブラックジャックが用意されているオンラインカジノです。
カジ旅独占テーブルや、プレイヤーに有利なブラックジャックまで、個性豊かなブラックジャックを楽しめます。

このように、魅力的なカジ旅で遊ぶことができるブラックジャックの種類と、おすすめのブラックジャックを3つ紹介していきます。

カジ旅とは

カジ旅とは

カジ旅とは、ボーナス制度にRPG要素を取り入れた、新しいオンラインカジノです。
プレイヤーが自分の分身となるアバターを選んで、育てながらイベントをクリアしていきます。
途中には、ボスとの戦闘もあるなど、冒険の世界を旅するようなストーリーで遊ぶオンラインカジノです。

「宝の島」「カジパン王国」「神話の山」「財宝の砦」といった、さまざまな舞台が用意されています。
プレイした金額に応じてストーリーが展開します。
ボス戦では、ミニゲームで勝敗が決まる形式となっており、勝利した場合には大量のボーナスがGETできる激アツなゲームです。

2018年にロンドンで開催された「グローバル・ゲーミング・アワード」で優秀な功績を称され、「カジノ・プロダクト・オブ・ザ・イヤー」に表彰されています。
そのため、安心安全にブラックジャックを楽しめます。

カジ旅で遊べるブラックジャック一覧

カジ旅で遊べるブラックジャック一覧
カジ旅では、ディーラーと対決する「ライブカジノ」と、機械と対決する「テーブルゲーム」の2種類あります。

では、具体的にどのようなタイプのブラックジャックがあるのでしょうか。

ここからは、カジ旅で遊べるブラックジャックを紹介します。

ライブカジノでは、ブラックジャック、ブラックジャック・ビップ、サロンプライベート・ブラックジャックなどがあり、ベット額は0.5ドル〜5,000ドルとなっています。

テーブルゲームでは、ブラックジャック、ブラックジャック・ヨーロピアン、ブラックジャック・マルチハンド、ブラックジャック・プロフェッショナルシリーズ、ポンツーン・プロフェッショナルシリーズ、ブラックジャック・シングルデッキ、ダブル・エクスポージャー・ブラックジャック、ハイ・ロー・ブラックジャックなどがあり、ベット額は0,1ドル〜6,000ドルとなっています。

オススメのブラックジャック3選

オススメのブラックジャック3選
ここからは、カジ旅で遊べるおすすめのブラックジャックを3つ紹介します。

それぞれの特徴も合わせて紹介しますので、自分のやり方や目的に合ったブラックジャックを見つけてください。

カジ旅ブラックジャック
カジ旅ブラックジャックは、エボリューション・ゲーミング社が開発した、カジ旅だけに解放されているライブカジノのブラックジャックです。
カジ旅ブラックジャックでは、実在するディーラーと対決できる点も魅力の一つです。

また、5ドルからBETできるテーブルでは最大2,500ドルまでしかBETできません。
しかし、カジ旅ブラックジャックであれば、最大5,000ドルまでBETできるため、マーチンゲール法といった賭け金が倍増する攻略法を利用したい人におすすめです。

ライブブラックジャック・ビップ
ライブブラックジャック・ビップは、エボリューション・ゲーミング社が開発したライブカジノのブラックジャックです。

ブラックジャック・ビップでは、実在するディーラーとリアルタイムで勝負することができるため、本場の雰囲気や臨場感を味わえます。
また、ディーラーがカードを引くのもリアルタイムですので、不正プログラミングが不安という人も安心して楽しめます。

ブラックジャック・シングルデック
ブラックジャック・シングルデック(BlackJack Single Deck)は、ネットエント社が開発したテーブルゲームのブラックジャックです。

一般的なブラックジャックでは、312〜416枚からなる6〜8デックのトランプが使用されています。
そのため、たとえ「A(エース)」のような強いカードが4枚出たとしても、まだまだ強いカードが出る可能性があります。

しかし、ブラックジャック・シングルデックでは、ジョーカーを抜いた52枚からなる1デックだけを使用します。
そのため、ゲームの進行が予想しやすく、勝率を上げやすいといった特徴があります。

まとめ

これまで、カジ旅で遊べるおすすめのブラックジャックを紹介してきました。

カジ旅の魅力は、なんといっても「RPG要素」と「ライブカジノの圧倒的なテーブル数」でしょう。
また、完全に日本語対応しているため、困ったことがあった場合でも安心です。
他にも、最低0.1ドルからBETできるため初心者の方も気軽にブラックジャックをプレイできることも特徴です。

いつもとは違ったブラックジャックを楽しみたい方は、カジ旅で冒険に出かけてみてはいかがでしょうか。

オンラインカジノを楽しむにはエコペイズ出金

日本国内からオンラインカジノを楽しむのであれば、国際的に広く利用されている電子決済サービスの一つecoPayz(エコペイズ)を使いこなすことが重要になります。

エコペイズは日本語に対応していることに加えて、国内での利用者数も非常に多いため、基本的なアカウント登録や利用方法で頭を悩ませる場面はほとんどありません。

しかし、誰でも簡単に使えるエコペイズも、出金に関するシステムは海外とお金のやり取りが発生することもあって、少し複雑になっています。
ここではエコペイズの出金方法について、詳しく解説していきます。

まずはエコペイズについての基本から

まずはエコペイズについての基本から

エコペイズを運営しているのは、イギリス企業になります。
そのため電子決済サービスのルールやシステムについても、イギリスの国内法が基になっているということをまず理解しておきましょう。

日本とは事情の異なる部分もありますが、全世界のオンラインカジノ愛好者が利用しているサービスだけあって、通常利用の際に戸惑うような問題点は極力省かれています。

ただし、日本国内の手厚いサービスと比較してしまうと、どうしても出入金の反映速度や相談窓口での対応などに不満が出てしまうかも知れません。
エコペイズについてわからない点があったり困りごとが起こった際には、まず日本国内のオンラインカジノ関連のブログ記事、SNSのオンラインカジノコミュニティを覗いてみましょう。

公式に問い合わせをするよりも、早く正確な情報が書かれていることは多くあります。
エコペイズは日本国内での利用者数も非常に多いだけに、情報不足になることはまずないので、安心して使い始めてみましょう。

会員ランクを上げてエコペイズで出金

エコペイズを利用して、オンラインカジノで遊ぶだけであれば、会員登録をして銀行振込か仮想通貨を使った入金を済ませれば、すぐにゲームを開始することができます。
しかし、ゲームの報酬として獲得した資金を出金するためには、いくつかのハードルがあります。

まず1つは、エコペイズの会員ランクを上げることです。
エコペイズは、会員の信用度に応じたランク制度を導入しており、口座からの出金が可能になるのは下から2番目のシルバー会員からとなります。

シルバー会員にアップグレードする方法は、登録時に入力した会員情報を証明するための本人確認書類を提出することです。
この辺りは、日本国内のオンライン口座開設、クレジット会員登録と同じシステムになっていると考えて構いません。

本人確認書類として利用可能なのは、運転免許証や住民票の写しなどで、これも国内の口座開設時の本人確認作業とほぼ同じになります。

運転免許証など顔写真の付いた身分証は一つで大丈夫ですが、公共料金の支払い票などは二つ以上の同時提出が求められる点には注意しましょう。

また、当然ながら登録した会員情報と提出する本人確認書類の情報は、正確に一致している必要があります。

現住所で登録したのに、書類上は実家の住所になっていたり、支払書の名義が本人ではなく家族になっているといったミスはありがちなので特に気をつけましょう。

オンラインカジノからエコペイズに出金

オンラインカジノからエコペイズに出金

オンラインカジノとの出入金は全てエコペイズを介して行うため、出金の際にも入金時と同じように一度お金をエコペイズの口座に戻す必要があります。
エコペイズ口座への出金方法は各オンラインカジノごとに異なるため、詳しくは各カジノの説明を熟読しましょう。

ただし、そこまで難しい手続きが必要になるわけではなく、日本人利用者の多いカジノであれば通常は出金方法にエコペイズを選択するだけで、紐付け作業は完了します。
入金時にエコペイズを利用していれば、自動的に出金設定もエコペイズ経由になるオンラインカジノもあります。

一つ注意しておきたいのは、出金手数料と通貨についてです。
カジノからエコペイズに出金する際には規定の手数料がかかるのに加えて、カジノで利用している通貨によっては出金時のレートを意識する必要があります。

エコペイズでは複数の通貨口座を同一アカウント内で分けて管理できるので、例えばこのオンラインカジノでは、ドルを使い別のカジノではユーロを使うといった通貨の使い分け管理をしておくと便利です。

海外送金と高速現地出金の違い

エコペイズから日本国内の銀行口座に出金する方法は、主に国際送金と高速現地出金(高速ローカル出金)の2種類です。
エコペイズにはその他にも出金方法は用意されていますが、日本国内からは使い勝手が悪かったり、規約の変更で利用不可になってしまったり、といった事情で現在ではこの2種類がメインと考えて間違いありません。

国際送金はもっとも基本的な出金手段ですが、手数料が何重にもかかって支払われるため効率が悪く、また実際に国内口座に着金して自由に引き出せるようになるまで時間がかかります。
そのため通常利用の範囲であれば、高速現地出金を利用するのが1番いいでしょう。

高速現地出金は、かつては高速ローカル出金と翻訳されていましたが、新たにローカル出金という補助的な出金方法が新設されたために読み方が変更されています。
高速現地出金は簡単にいうと、手続きを簡略化して素早く現地口座へと出金できるようにした反面で手数料自体は少し割高になるという出金方法です。

具体的な手数料の額は状況によって変動しますが、最低でも日本円で2,000円以上は必要になります。
それでもある程度まとまった額を出金するのであれば、大きな問題にはならないでしょう。

国際送金の場合だと出金手続きから実際の着金までに、銀行営業日換算で10日ほどかかりますが、高速現地出金であれば営業日換算で3日から5日程度と約半分の日数で出金が終わります。

エコペイズで無事に出金するまで

エコペイズで無事に出金するまで

いくらオンラインカジノで儲けを出したとしても、実際に現金が手元にやって来なければ意味がありません。

エコペイズでの出金方法は一度理解してしまえば簡単ですし、国際的な事情によって出金が少し遅れたとしても慌てることがなくなります。
安心してオンラインカジノを楽しむためにも、エコペイズ出金をお勧めします

インターネットカジノの合法性と違法性を検証

インターネットが普及したことによって、90年代半ばにオンラインカジノが登場し、世界的に利用者が増え続けています。
また、今はお金を賭けずにカジノが楽しめる場所としてカジノカフェなども展開され、初心者でも気軽に本場さながらのカジノを体験することができます。

一方カジノやギャンブルによって逮捕者が出る事例などもあり、未だにカジノ業界に対する危険なイメージは拭えません。
そこでカジノについて正しく理解するために、日本における賭博罪やカジノ法案、違法性のある行為などについてまとめていきます。

違法となる賭博行為とは?

違法となる賭博行為とは?

まず日本において違法とされる賭博行為とは、お互いの財物を賭けたギャンブルや賭け事をすることです。
そしてゲームの勝敗によって、お互いの財物が増えたり減ったりすると賭博罪が成立します。
パーティで行われるビンゴ大会などは、主催者が一方的に景品を与えるだけなので賭博には当たりません。

ところがパチンコやスロットは、厳密には「違法賭博」に当たります。
しかしなぜパチスロ店が成立しているかというと、利用者とお店の間で直接の「現金」のやり取りがなく、交換所を仲介した「三店方式」という形で行われているからです。

利用者は店に現金を投入してパチンコを行い、店はそのお金で近くの交換所から「特殊景品」としての出玉を買い取ります。
利用者はパチンコで勝つと「特殊景品」である出玉を店から貰い、その出玉を近くにある交換所に持っていって現金に交換してもらいます。

このように三者がそれぞれのやり取りをしているので、法律違反を免れているのです。

オンラインカジノは違法?

それではインターネットを使ったオンラインカジノはどうかというと、直接現金のやり取りをしているという点だけ見ると違法といえます。

しかしオンラインカジノの場合、カジノの主催者がカジノを合法的に認めている海外のお店なので、利用しても問題がないのです。

たとえば私たちが海外に行ってカジノを楽しんでも、法的になんら問題はありません。
オンラインカジノは海外でカジノを行うのと同じ扱いになるので、日本国内で利用しても違法とはならないのです。

日本におけるカジノ法案

日本においてカジノが社会的に関心を持たれるようになったのは、2016年にカジノ法案(IR推進法)が成立し、政府によりカジノ施設の設置が議論されたことに始まります。
IRとはIntegrated Resort(統合型リゾート)の略で、カジノ施設をはじめ国際会議場や展示会場、伝統・文化・芸術などの公演会場、宿泊施設などが集まったリゾート(複合施設)のことです。

政府はIRを設置して、多くの外国人観光客を呼び寄せ観光事業を盛り上げることで、経済を促進することを目指しました。
しかしこの法案にはいくつかのデメリットもあります。

カジノ法案のデメリット

カジノ法案のデメリット

カジノが合法化され多くの人がカジノを楽しめるようになれば、必ずギャンブル依存症の人が増えることが予想されます。
外国人観光客が増えることで経済効果が上がる一方で、周辺地域の治安の悪化という問題が出てくる可能性もあります。

そのほかにも、カジノで集めたお金がマネーロンダリング(資金洗浄)によって暴力団などに流れ、結果的に反社会的勢力の温床となる可能性もあります。
こうした問題に対処するために、カジノ推進法だけでなく規制も設けられました。

具体的には、反社会的勢力や未成年、あるいは頻繁に来場している人に入場を禁止させたり、一度の来場に6000円の入場料を設けたりして制限をかけます。
またカジノ管理委員会を設けて、事業者が適切なカジノ運営を行っているかどうか、あるいはカジノ関連機器の品質や性能が適正かどうかを監督させます。

このように日本でもカジノ合法化に向けて少しずつ話が進んでいますが、実際にお金を賭けることなくカジノを楽しめる場所があります。
それがカジノカフェです。

違法性のないカジノカフェ

違法賭博とは財物を賭けたギャンブル行為のことでしたが、カジノカフェは実際のお金を賭けずに「チップ」を購入して行うので、違法とはなりません。
お店で購入したチップは言わば「仮想の資金」として、店内のカジノで遊ぶ時だけ使用できます。

もちろんカジノで勝っても実際の現金が増えることはありませんし、チップを店外へ持ち出して両替などをすることもできません。
そのためカジノカフェでの遊びはギャンブル行為には当たらないので、問題なくカジノを楽しむことができます。

しかしカジノカフェで店員と利用者が逮捕された事例が過去にありました。
それは、カフェの中でインターネットを使ったカジノを行っていたのが理由でした。

インターネットカジノの違法性とは

個人で利用するオンラインカジノは、主催者がカジノを合法化している海外のお店なので、違法賭博には当たりませんでした。

しかしお店の中でオンラインカジノを行うと、インターネットを介してお店側と利用者の間で違法賭博を行ったことになり、逮捕される案件になるのです。
この場合のカジノをオンラインカジノ(オンカジ)と区別して、インターネットカジノ(インカジ)と呼びます。

個人で行うオンカジと違うのは、利用者の勝敗によって海外のサイトから報酬が渡されたり掛け金が没収されたりして、店内で清算されるという点です。
この「店内で清算される」ということが逮捕の決め手になります。

つまりカジノが合法化されていない日本国内の店舗で、お店と利用者の間で財物のやり取りが生じることになるので、違法賭博と見なされるというわけです。
こうしたインカジと異なり健全に運営しているカジノカフェでは、最初から利用者はお店のチップを購入して、そのチップだけでやり取りをするので違法性はありません。

したがってカジノカフェで遊ぶ際には、それが違法に運営しているインカジ店かどうかを注意しなくてはなりません。

インターネットカジノの違法性とは

カジノの合法性と違法性まとめ

以上、オンラインカジノおよびカジノカフェについて、違法性があるものと合法なものを解説してきました。
日本ではカジノ合法化に向けての動きがありますが、実現までまだ数年は待つ必要があります。

そこで違法を免れてカジノを楽しむためにオンラインカジノがありますが、ネットカフェなどのお店で行うと賭博行為に該当してしまいますので注意しましょう。
そして全く危険性がなくカジノを楽しめる場としてカジノカフェがあり、直接現金のやり取りなしにカジノを体験できます。

カジノについて正しく理解した上で、健全にカジノを楽しみましょう

日本人に寄り添う多大な信頼性を誇るカジノ

ラッキーニッキーとはどのようなカジノか

ラッキーニッキーとはどのようなカジノか

ラッキーニッキーは2017年2月に誕生した、まだ新しいオンラインカジノです。
そのため、オンラインカジノ業界においてまだそれほど名の知れたオンラインカジノではありません。
しかし、日本人ユーザーの間では、今もっとも利用しやすいオンラインカジノとしてその人気を高めています。

ラッキーニッキーでは、カジノのイメージキャラクターにニッキーというアニメの女の子を置いています。
ニッキーは日本アニメの雰囲気を持ったキャラクターなので、日本人からするとそのニッキーの容姿に親しみを感じることができるでしょう。

多くのオンラインカジノはイメージキャラクターに外国人女性を採用しています。
外国人女性がイメージキャラクターの場合、どうしても海外ギャンブルであることを意識してしまうので、そう親しみを持って利用することができません。
また、ニッキーに加え、サイトトップの背景画像は札幌のすすきのとなっているので、まるで日本の会社が運営しているかのような雰囲気があります。

ラッキーニッキーはカジノのライセンスで有名な、地中海のマルタに拠点を置く会社により運営されています。
当然、運営ライセンスもマルタ政府より発行されています。
マルタ政府発行のライセンスはその発行審査の厳しさから、オンラインカジノのライセンスの中でも最も信頼されるものとなっています。

現在、マルタ政府発行のライセンスを取得しているオンラインカジノのほとんどが大手オンラインカジノです。
ラッキーニッキーはまだ新しいオンラインカジノながらも、マルタ政府発行のライセンスを取得し運営を続けているので、その信頼性にかけては安心できるものであると言えます。

また、日本人ユーザー獲得に力を入れているため日本語対応に関しても完璧です。
サイトは日本のサイトと見間違ってしまうほど完璧な日本語で表示されていますし、ゲームももちろん日本語表示となっているので、初めてオンラインカジノを利用する場合でも不安を感じずにプレイすることができるでしょう。
サポートも日本人スタッフが在籍しているため、電話、メール、チャットの利用しやすい方法ですぐに不明な部分を解決してもらうことができます。

ラッキーニッキーでは、こうした日本人が遊びやすい環境を用意していることにより、日本人ユーザーから高い支持を得ています。

1000種類以上のゲームをプレイできる

1000種類以上のゲームをプレイできる

オンラインカジノは、オンライン上で多くのゲームをプレイできるのもその魅力となっていますが、ラッキーニッキーのゲーム数は業界トップラクスとなっているため、飽きるということを知らずにいつまでも楽しみながらプレイすることができます。

ラッキーニッキーのゲーム数は1000種類以上もあり、カジノゲームと呼ばれるゲームはすべて揃っています。
しかも扱っているソフトウェア会社の数が多いので、これだけのゲーム数ながらも似ているゲームはほとんどありません。
どのゲームも独自のルールを持った個性的なゲームとなっているので、エンターテインメント性に関してもラッキーニッキーは優れています。

そして、扱っているソフトウェア会社の中には、エボリューションゲーミングやマイクロゲーミング・ネットエントといった、オンラインカジノ業界では誰もが知る有名ソフトウェア会社も多数存在します。
こうした有名ソフトウェア会社とライセンス契約を結べているのは、それだけラッキーニッキーが信頼されているという証です。

さらにラッキーニッキーではグリーン・バレイ・ゲームズというソフトウェア会社と独占契約を結んでいます。
この独占契約によって、スロットマシーンをはじめ、その他のオンラインカジノではプレイできないラッキーニッキーならではのゲームをプレイすることができます。

他にもバーチャルスポーツベットという最新のゲームも導入されています。
バーチャルスポーツベットというのは、実際のスポーツゲームさながらのリアルなバーチャル映像を見ながらどちらが勝つかを予想するゲームで、サッカーやテニスなどの人気スポーツから好みのスポーツを選択し楽しむことができます。

スマートフォンやタブレットでもプレイできる

スマートフォンやタブレットでもプレイできる

ラッキーニッキーでは、インターネットに接続できる環境さえあればいつどこからでもゲームをプレイすることができます。
オンラインカジノの多くはソフトウェアのダウンロード必要とするため、パソコンからではないとプレイすることができない仕様となっていますが、ラッキーニッキーではスマートフォン・タブレットからもプレイできる仕様となっているので、手元にスマートフォンがあればその場で即ギャンブルを楽しめます。

こうしたスマートフォン、タブレットからでも利用することができるのは、ブラウザゲームとしてゲームの提供を行っているからです。
サイト上でゲームをプレイできるので、端末の空き容量を気にする必要もありませんし、最新の端末ではなくてもフリーズしたりすることなくサクサクと快適に楽しめます。

ブラウザゲームと言えば、ネット上のチープな無料ゲームを思い浮かべる方もいると思いますが、ラッキーニッキーのゲームはブラウザゲームだからといって質が悪いということはまったくありません。
プレイしてみるとわかりますが、実際のカジノを彷彿させるゴージャスな演出と臨場感には驚かされるものがあります。

こうした質の高さは基本的にパソコン・スマートフォン・タブレット、どれも同じで変わりませんので、自分の利用しやすい端末からいつでも手軽にアクセスしオンラインカジノの世界を満喫することができます。

業界の先駆者ともいえるソフトウェア

オンラインカジノには「ソフトウェア」と呼ばれているものがあるのをご存知でしょうか?
名前そのものは聞いたことがないとしても、オンラインカジノを楽しんでいる人であれば誰もが使っているものです。

「?」と思う方もいるかもしれませんが、そもそもオンラインカジノとはプログラムされたサービスです。
ネット上で楽しめる点、大きな利益を狙える点が特徴ではありますが、基本的にはプログラミングされたゲームです。
つまりはソフトウェアで、オンラインカジノのソフトウェアを手掛けているメーカーがいくつかあります。

ソフトウェアによってオンラインカジノの癖や特徴等が微妙に異なるのですが、その中でもマイクロゲーミングについて今回は掘り下げてみました。

多くのゲームを手掛けている会社

多くのゲームを手掛けている会社

マイクロゲーミングは決してオンラインカジノのソフトウェアだけを作っている会社ではありませんが、オンラインカジノの創成期よりソフトウェアを手掛けていたこともあり、オンラインカジノ業界を牽引してきた存在と言っても過言ではありません。

既にリリースしたゲームは600種類以上ともされていますが、オンラインカジノだけでも200以上。
多くのオンラインカジノ業者がマイクロゲーミングのソフトウェアを活用していることが分かるのではないでしょうか。
特にマイクロゲーミングがこだわっているのが「安定感」です。

様々な安定が持ち味

まずはサーバーの安定性。

オンラインカジノは先にもお伝えしたように、ネット上で楽しむゲームです。
大きな利益を狙える一方、サーバー等が不安定ではプレイヤーは常にストレスと共に戦わなければならないので、利益云々ではなく、次第に他のオンラインカジノに…となっていくものですが、マイクロゲーミングのオンラインカジノは安定性が抜群です。

多くのユーザーがログインしているからといって動作が重くなったり、急に反応しなくなったりといったこともなく、常に快適なプレイを楽しめる点がマイクロゲーミングのオンラインカジノの強みです。

ペイアウトにもこだわっている

ペイアウトにもこだわっている

オンラインカジノが高い人気を集めている理由の一つに、大金を手にできる点はもちろんですが、他のギャンブルと比べても圧倒的とも言えるペイアウトの高さです。
ペイアウトが高いということは、それだけ大きな利益を得られる可能性が高いことを意味していますので、多くのプレイヤーがオンラインカジノに夢を見るのも当然ですが、マイクロゲーミングのオンラインカジノはペイアウトを公開しています。

勿論、自分たちが勝手に公開しているものではなく、信頼を得るべく大手会計事務所の監査の元でペイアウトを公開していますので、決して誇張されたものではありません。
過去の履歴をチェックすることもできますので、マイクロゲーミングのプレイヤーがどれだけ勝利を得たのかも確認できます。
つまり、自分がこれからプレイを楽しむにあたって、どのような展開になるのかを予想することも可能です。

パイオニアだからこその気配り

マイクロゲーミングは、オンラインカジノの「パイオニア」と言っても過言ではありません。
それだけに、プレイヤーへのサポートも抜群です。
例えば払い戻しの迅速な対応は業界内でも屈指のものだと評価されている程。

プレイヤーが安心してオンラインカジノを楽しむために、ゲーム以外の面でのサポートまでしっかりと行っていますので、マイクロゲーミングにはプレイヤーの安心感があります。
プレイヤーの安心感が口コミや評判を呼び、さらに新規のプレイヤーを呼び寄せ、評価を高める。
このような好循環が生まれています。

マイクロゲーミングを採用しているオンラインカジノ

マイクロゲーミングを採用しているオンラインカジノ

マイクロゲーミングを採用しているオンラインカジノとして有名な所と言えばベラジョンです。
国内でも屈指の人気を集めているオンラインカジノのベラジョンは、マイクロゲーミングを採用。
つまり、マイクロゲーミングのことをよく分かっていない人でも、ベラジョンを楽しんでいるということはマイクロゲーミングを楽しんでいることになります。

他にもラッキーニッキー、ゲーミングクラブ、ジャックポッドシティでマイクロゲーミングが採用されていますし、高い人気を考えると、今後もマイクロゲーミングを採用するオンラインカジノは増えていくことが予想されています。
オンラインカジノ業者側としても、安定して人気のあるソフトウェアを採用したいと考えていますので、マイクロゲーミングが選ばれる可能性は非常に高いです。

まとめ

マイクロゲーミングはオンラインカジノのパイオニア的な存在である一方、決しておごることなく、オンラインカジノの進化に合わせるかのように自らも進化を遂げてきたメーカーです。
そのため、今後もマイクロゲーミングのソフトウェアを採用するオンラインカジノは増えていくことが予想されていますので、オンラインカジノプレイヤーにとってますます身近な存在となっていくことでしょう。

本場カジノの再現を可能にしたライブゲーム

ライブゲームでリアル感を楽しめる

ライブゲームでリアル感を楽しめる

ライブゲームを備えているのがオンラインカジノの魅力です。
ただ、ライブゲームということだけ見ればポーカーでも準備されているので、あまり新鮮だと感じられないかもしれません。
しかし、オンラインカジノのライブゲームはリアル感を感じられるように構成されており、本当に店舗にいるようなイメージを持てるのです。

しかもゲームの種類が多く、特定のゲームだけがライブゲームに対応しているのではありません。
あらゆるゲームがライブゲームに対応しており、本当にカジノに居ながらゲームを遊んでいるようなイメージを持てるのです。

ライブゲームはどんどん増えている

オンラインカジノはライブゲームをどんどん増やしており、多くのオンラインカジノが実装しました。
同時にライブゲームの種類を増やすために、あらゆるゲームをライブゲーム形式で登場させました。

ブラックジャックやバカラのように簡単なゲームはもちろんのこと、中にはライブルーレットを採用しているオンラインカジノもあります。
あらゆるゲームがライブで楽しめるのは、他のギャンブルにはないメリットでしょう。

更なるメリットとして、オンラインカジノのライブゲームは複数のテーブルが用意されています。
ライブゲームに多くのユーザーが集まってしまうと、テーブルが満員になりゲームができなくなってしまいます。

そこで多くのユーザーが遊べるようにテーブルを増やしておき、1つのゲームに対して20くらいのテーブルが用意されています。
オンラインカジノのユーザーがライブゲームで確実に楽しめるように、テーブルの数はどんどん増えているのです。

ディーラーはオンラインカジノ側が採用している一般人が担当します。
多くのテーブルは女性が対応していますが、中には男性のディーラーもいます。
ディーラーによって技術力が違いますし、中にはかなり手慣れているディーラーもいて、難易度が高くなっています。

しかしテーブルは自由に移動してもいいので、あまり慣れていないディーラーを選んでゲームで勝利する方法があります。
ライブゲームはあらゆる方法で勝ちに行けるメリットを持っているのです。

ライブゲームにはVIPルームも準備されている

ライブゲームにはVIPルームも準備されている

ライブゲームの弱点は、他のユーザーの行動の間待たされる点です。
ライブゲームに座っているユーザーは、自分の番が来るとマウスで処理しなければなりません。

処理をしなかった場合は勝手に処理されてしまい、ゲームで負ける確率が高くなってしまいます。
指定されている制限時間までに処理するように全員が心がけているものの、待たされる時間はそれなりに長く、自分の番が回ってくるまでに1分以上かかるケースもあります。

そこでもっと快適にゲームを楽しみたいと考える人に、VIPルームを準備しています。
VIPルームは特定のユーザーだけに解禁されており、他の一般ユーザーは遊べません。

軍資金の金額が指定された金額を超えていれば問題はないのですが、その金額は日本円で100万円以上というように厳しい設定がなされており、大半のユーザーが条件を超えられないのです。
従ってVIPルームに入れないユーザーも多数います。

それ以外にもVIPルームは1人限定でプレイできるテーブルで、他の人が入れないようにしています。
つまり誰かがVIPルームでブラックジャックを楽しんでいた場合、他のテーブルでブラックジャックを楽しまなければなりません。

VIPルームはあまり多くの部屋が用意されていないので、時間によっては満員になってしまいます。
ただオンラインカジノのVIPルームを利用するユーザーはかなり少数なので、ほとんどの場合は部屋が1つは空いているでしょう。

ライブゲームはオンラインカジノの名物に

ライブゲームはオンラインカジノの名物に

オンラインカジノの名物としてライブゲームがどんどん使われるようになり、プログラムで作られているゲームよりも利用されるようになりました。
今ではライブゲームを主体に考えているオンラインカジノも登場しており、どんどんライブゲームを楽しめる環境を整備しています。
それだけライブゲームというのは、ユーザーを引き付ける要素が非常に多くなっているのです。

ライブゲームは何よりも勝ちやすいという部分が大きく、ユーザーは勝つためにライブゲームを使う側面もあります。
プログラムの場合、理不尽なパターンが何度も起こりやすくなっているほか、使っているトランプの枚数などを把握できず、かなり苦労するのです。

一方でライブゲームは、利用しているトランプの枚数がある程度限られており、予測で数字を考えられる利点があります。
特にブラックジャックとバカラは、数字がとても重要なゲームですので、ある程度把握できるようなら勝ちやすくなるでしょう。

勝ちやすいゲームも多数用意されているライブゲームは、これからオンラインカジノのスタンダードとなるでしょう。
自宅にいながら本場のカジノと同等の楽しみ方が出来るのはかなり大きなポイントで、初心者の方も気軽に楽しめる良さもあるのです。

オンラインカジノの社会的・法的問題

オンラインカジノが抱えている社会的な問題

オンラインカジノが抱えている社会的な問題

オンラインカジノは、実はいくつかの問題点を抱えていると言われています。
世界中で人気のオンラインカジノですが、オンラインカジノは多くの問題点があり、社会的な課題を抱えているのです。

オンラインカジノは、日本国内でも気軽に遊ぶことが出来るインターネットカジノです。
手軽に遊べるのですが、その反面知っておかなければならない問題がいくつかあるのです。

そこで、オンラインカジノで知っておきたい社会的な問題はどのようなものがあるのでしょうか。
具体的にその内容について見ていきましょう。

ギャンブル依存症の問題

オンラインカジノにはこちらのギャンブル依存症の問題があります。
「ギャンブル依存症」とは、行為・過程アディクションの一種です。
詳しく言うと、ギャンブルの行為や過程に必要以上に熱中し、必要以上にのめり込んでしまう症状です。

実は、日本でギャンブル依存の疑いがある人の数は非常に多いと言われていて、今では、精神疾患または障害の一つとして分類されるようにもなってきているのです。

オンラインカジノの場合は、公営ギャンブルではないため、患者数には含まれていないものの、年々そのプレイヤー数が増えていることは確かな現状となっています。
ギャンブルは負ける大きさと勝つ大きさの差が大きければ大きいほど、快感度合いが大きいと考えられています。
オンラインカジノではボーナスゲームやジャックポットの存在があり、この差額が大きくなってしまうという傾向があります。

また、オンラインカジノは、クレジットカードを使うことができます。
現金ではなく、クレジットカードで後払いができてしまいますので、目の前のお金が失われていく感覚がつかみにくくなっています。

ギャンブル依存症を断ち切るためにはどうしたら良いのかということですが、自分だけで悩まず、周囲の助けを借りるようにしましょう。
家族に相談をするようにして、ギャンブル依存症専門の専門機関や病院で診察を受けるようにしましょう。

ギャンブル依存症の問題

スパム広告の蔓延

オンラインカジノの抱えている問題として、スパム広告の蔓延の問題があります。
ブログのコメント欄に貼り付けられてしまったり、無差別に掲示板にオンラインカジノ広告が貼り付けられるなどのスパム行為が行われています。
これは受け取り側が有効なブロックをしない限りエンドレスで送りつけられるスパム広告を言います。

さらにはこういった「スパム広告」のなかに、「インカジノの宣伝」が存在していることもあります。
このようなことで、オンラインカジノそのものがイメージがダウンするのは非常に残念です。

スパム広告が入らないようにする方法はないのかというと、有効な方法はなく、パソコン側の設定を変更すれば防ぐことが可能となります。
しかし、多くの人がスパム広告が蔓延することによって迷惑することになりますので、社会問題となっています。

サポート体制の問題とは

オンラインカジノは、インターネットを介してカジノを体験することが出来るのですが、すべてのシステムが完璧とはいえない部分がまだまだあります。
特にオンラインカジノは、パチンコなどの入出金と比較すると、非常にトラブルが多いと言われています。
このため、「サポート体制」の充実は急務だといえるでしょう。

しかし、運営している業者が海外に存在しているということもあり、やり取りが困難となる事例が未だに多く存在しています。
お手軽に楽しめるオンラインカジノですが、トラブルが多ければ、興味が半減してしまったり、「サポート体制」が脆弱でトラブルが解決できなければ、プレイヤーが損をしてしまうことになります。

トラブルの発生時に、用意されている「サポート体制」が機能しなかったなどの報告も多いです。

オンラインカジノは歴史が浅く、じつはサポートレベルがまだまだ発展途上となっています。
このため、オンラインカジノ業界を挙げて「脆弱なサポート体制」を問題視する必要があるのです。

この点に関しては、大手オンラインカジノサイトを選び、そしてサポート体制が充実したオンラインカジノを選ぶ必要があります。
サポートの充実は業界全体の課題となっています。

サポート体制の問題とは

オンラインカジノと法律的な問題点

オンラインカジノは、ギャンブルの一つなので、日本国内での法律のことが気になる方も多いです。
しかし、結論から言うとオンラインカジノは、違法でも合法でもないギャンブルとして位置づけられているのです。
オンラインカジノは、ギャンブルが合法とされている国で、海外において運営されているので、違法性はありません。

しかし、国内で違法に運営されているオンラインカジノがあったり、インカジなどの違法カジノの存在もあります。

このように全てのオンラインカジノが優良というわけではなく、違法なカジノもあるので、注意が必要です。

オンラインカジノ市場の形成過程

オンラインカジノの成り立ちは?

全世界で人気となっているオンラインカジノは、日本人プレイヤーからも人気となっていて、最近では日本語対応カジノも増えてきています。

オンラインカジノの成り立ちはごく最近と思われていますが、本場のカジノほどではないものの、それなりの歴史があります。

オンラインカジノは、1994頃にオンラインカジノにライセンスを発行すると言った法律が可決されました。
その頃に、初めてオンラインカジノが登場したのです。

当時はオンラインカジノの数も少なく、数十程度しかありませんでした。
しかし、オンラインカジノのゲームのソフトウェア開発に、大手のマイクロゲーミングなどが名乗り上げ、開発に取り組むようになりました。
そして、Windowsが進化し、全世界にインターネットが普及する中、オンラインカジノもどんどん進化していく流れになり、今では、一大エンターテイメントであり、世界中に市場規模が広がっています。

オンラインカジノでは、最新の技術が用いられ、1999年にはマルチプレイヤーシステムと言って、大勢で一つのゲームを楽しめる仕組みが整いました。
また、ジャックポットスロットなどの仕組みも出来上がり、プレイヤーの積み立てたお金が一度にもらえるなど、一攫千金が狙えるようになったのです。

ライブディーラーなどのシステムも今では搭載されており、ライブ感覚でオンラインカジノが楽しめるようになっています。

オンラインカジノの成り立ちは

オンラインカジノのライセンスとは?

ここで気になるのがライセンスというものの存在です。
ライセンスは政府から正式に発行される許可証であり、オンラインカジノ運営をするために必ず必要なものです。

ライセンスは無条件に発行されるというものではなく一定の審査があり、公平性や安全性、そして企業の健全性や財務状況まで厳しく審査されることになり、一定のレベルに達していなければ、ライセンスが発行されません。
よって、オンラインカジノを運営することができる企業は一流の企業ばかりになります。

オンラインカジノを運営している企業はスポンサーをやっていたり、映画の作品とコラボをしていたりと、やはり健全な知名度のある企業ばかりなのです。
オンラインカジノのライセンスについては、このように厳しい審査を経て交付されるもので、さらにライセンスを習得するためには、高額なライセンス料も必要になります。

ライセンスが発行されるまでには、半年以上の月日がかかり、さらにライセンスが発行されてからも監査が入ります。
これは、外部の監査機関である、「イーコグラ」などの監査です。

ライセンスが発行された後も、こういった外部の監査機関からの監査が行われ、払戻率、安全性や公平性、プログラムの不正や改ざんがないかなどのチェックが行われます。
もしもここで何か不正があれば、直ちにライセンスは失効してしまいます。

ライセンスの有無に関しては、公式ホームページにライセンスマークが記載されています。
オンラインカジノを選ぶ際の、一つの目安としてこちらをチェックしましょう。
ライセンスは国によって発行基準は異なるものの、一定の基準に達しているという証明になりますので、安全性は確立されています。

オンラインカジノのライセンスとは

オンラインカジノはどのように運営されている?

オンラインカジノは、このように合法国によってライセンスが発行されて、運営されています。
このため、オンラインカジノを運営している機関は海外業者ばかりです。
海外の業者ではなく、日本の業者が運営をしている場合には、それは違法な業者の可能性が高いですので、手を出さないようにしましょう。

オンラインカジノの運営業者がプログラムの運営そのものを行っていますが、ゲームのソフトウェアの制作を行っているのは全くの別会社です。
オンラインカジノのゲームを制作しているのはソフトウェア会社であり、オンラインカジノの運営業者と契約をすることによって、プログラムの導入を行っています。

当然ながら、ここではオンラインカジノの信用度が関わってくるので、大手のオンラインカジノでは大手のソフトウェアを採用しています。
マイクロゲーミング社やプレイテック社、ネットエントなどは有名なソフトウェア会社であり、これらのソフトウェア会社についても外部の監査機関からの監査を受けており、公平性や安全性が保たれています。

また、プレイヤーとオンラインカジノの間に立ち、そして決済の管理を行っているのが決済会社です。
オンラインカジノの運営業者によって管理されているのではなく、あくまでも決済に関しては、電子決済サービスのアカウントを別で取得する必要があります。

この決済サービスには「アイウォレット」「エコペイズ」などの決済サービスがあります。
アイウォレット、エコペイズは日本語対応で登録も簡単です。
更に、海外の諸国ではオンラインカジノ以外のショッピングでも使用されています。

このように、いくつもの企業によってオンラインカジノは成り立っているのです。

オンラインカジノはどのように運営されている