Category Archives: オンカジに関する雑学

オンラインカジノ市場の形成過程

オンラインカジノの成り立ちは?

全世界で人気となっているオンラインカジノは、日本人プレイヤーからも人気となっていて、最近では日本語対応カジノも増えてきています。

オンラインカジノの成り立ちは?

オンラインカジノの成り立ちはごく最近と思われていますが、本場のカジノほどではないものの、それなりの歴史があります。
オンラインカジノは、1994頃にオンラインカジノにライセンスを発行すると言った法律が可決されました。
その頃に、初めてオンラインカジノが登場したのです。

当時はオンラインカジノの数も少なく、数十程度しかありませんでした。
しかし、オンラインカジノのゲームのソフトウェア開発に、大手のマイクロゲーミングなどが名乗り上げ、開発に取り組むようになりました。
そして、Windowsが進化し、全世界にインターネットが普及する中、オンラインカジノもどんどん進化していく流れになり、今では、一大エンターテイメントであり、世界中に市場規模が広がっています。

オンラインカジノでは、最新の技術が用いられ、1999年にはマルチプレイヤーシステムと言って、大勢で一つのゲームを楽しめる仕組みが整いました。
また、ジャックポットスロットなどの仕組みも出来上がり、プレイヤーの積み立てたお金が一度にもらえるなど、一攫千金が狙えるようになったのです。

ライブディーラーなどのシステムも今では搭載されており、ライブ感覚でオンラインカジノが楽しめるようになっています。

オンラインカジノのライセンスとは?

ここで気になるのがライセンスというものの存在です。
ライセンスは政府から正式に発行される許可証であり、オンラインカジノ運営をするために必ず必要なものです。
ライセンスは無条件に発行されるというものではなく一定の審査があり、公平性や安全性、そして企業の健全性や財務状況まで厳しく審査されることになり、一定のレベルに達していなければ、ライセンスが発行されません。
よって、オンラインカジノを運営することができる企業は一流の企業ばかりになります。

オンラインカジノを運営している企業はスポンサーをやっていたり、映画の作品とコラボをしていたりと、やはり健全な知名度のある企業ばかりなのです。
オンラインカジノのライセンスについては、このように厳しい審査を経て交付されるもので、さらにライセンスを習得するためには、高額なライセンス料も必要になります。

オンラインカジノのライセンスとは?

ライセンスが発行されるまでには、半年以上の月日がかかり、さらにライセンスが発行されてからも監査が入ります。
これは、外部の監査機関である、「イーコグラ」などの監査です。

ライセンスが発行された後も、こういった外部の監査機関からの監査が行われ、払戻率、安全性や公平性、プログラムの不正や改ざんがないかなどのチェックが行われます。
もしもここで何か不正があれば、直ちにライセンスは失効してしまいます。

ライセンスの有無に関しては、公式ホームページにライセンスマークが記載されています。
オンラインカジノを選ぶ際の、一つの目安としてこちらをチェックしましょう。
ライセンスは国によって発行基準は異なるものの、一定の基準に達しているという証明になりますので、安全性は確立されています。

オンラインカジノはどのように運営されている?

オンラインカジノは、このように合法国によってライセンスが発行されて、運営されています。
このため、オンラインカジノを運営している機関は海外業者ばかりです。
海外の業者ではなく、日本の業者が運営をしている場合には、それは違法な業者の可能性が高いですので、手を出さないようにしましょう。

オンラインカジノの運営業者がプログラムの運営そのものを行っていますが、ゲームのソフトウェアの制作を行っているのは全くの別会社です。
オンラインカジノのゲームを制作しているのはソフトウェア会社であり、オンラインカジノの運営業者と契約をすることによって、プログラムの導入を行っています。

オンラインカジノはどのように運営されている?

当然ながら、ここではオンラインカジノの信用度が関わってくるので、大手のオンラインカジノでは大手のソフトウェアを採用しています。
マイクロゲーミング社やプレイテック社、ネットエントなどは有名なソフトウェア会社であり、これらのソフトウェア会社についても外部の監査機関からの監査を受けており、公平性や安全性が保たれています。

また、プレイヤーとオンラインカジノの間に立ち、そして決済の管理を行っているのが決済会社です。
オンラインカジノの運営業者によって管理されているのではなく、あくまでも決済に関しては、電子決済サービスのアカウントを別で取得する必要があります。
この決済サービスには「エコペイズ」「アイウォレット」などの決済サービスがあり、日本語対応なので、簡単に使えるのはもちろんですが、海外の諸国ではオンラインカジノ以外のショッピングでも使用されています。

このように、いくつもの企業によってオンラインカジノは成り立っているのです。

オンラインカジノの優位性と安全性

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノは、24時間365日といつでも遊べる、オンライン上のインターネットカジノです。
豊富なゲームの数々で遊ぶことができて、また実際にお金を賭けることもできます。

もしもゲームに勝つことができれば勝利金を受け取ることができますし、ジャックポットシステムといって、プレイヤーのお金が積み立てられていくゲームシステムなら、多額の賞金が一度にもらえますので数億円規模の勝利金が目指せます。

実際にオンラインカジノでプレイをしているプレイヤーの中には1億円以上を当てたプレイヤーも存在しています。
オンラインカジノは、多くの方が魅了されていて、世界中でも大人気のオンラインギャンブルとなっています。

オンラインカジノの勝てる確率は?

オンラインカジノを行う上で、インチキや当たらないというイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。
しかし、実は他のギャンブルと比較してもオンラインカジノは当たりやすいギャンブルで、控除率が低くプレイヤーへの還元率が高いという特徴があります。

オンラインカジノの勝てる確率は?

オンラインカジノのペイアウト率は、大体97~98%程度のペイアウト率で、それもゲームで賢く攻略法を駆使することによって、さらに高額の当選金が得られます。
多くのオンラインカジノにはテーブルゲームも用意されていますが、これは運だけではなく、戦略でも勝つことが可能です。
オンラインカジノはスロットなどの運次第のゲームもありますが、それ以外の頭脳ゲームもあり、さらにペイアウト率も非常に高いので、勝てる可能性が非常に高いギャンブルなのです。

他のギャンブルとの違い

他のギャンブルとオンラインカジノとの違いですが、他のギャンブルと比較してもオンラインカジノは非常にゲームの数も豊富ですし、ペイアウト率が圧倒的に高いという特徴があります。
競馬やパチンコは日本の公営ギャンブルとして親しまれていますが、そのペイアウト率はわずか70~80%程度です。
パチンコに関しては、出血大サービスという形でお客さん側が有利になることもあったりもありますが、基本的にはオンラインカジノよりもペイアウト率は低いです。

また、オンラインカジノは、24時間営業であり、いつでもどこでも好きな時に遊べます
お店に行く必要もありませんし、パチンコなどのように空いている台を探す必要もありません。

更にオンラインカジノの場合、一度の勝利金が大きいのが特徴です。
パチンコの場合、大きく勝ったとしても1日に数十万円なのですが、オンラインカジノは、一度に数百万円、数千万円、数億円まで目指せるのが特徴です。

パチンコやスロットの場合、玉は基本的には等価交換で、1万円を投入すれば、その分しか遊ぶことができません。
しかし、オンラインカジノは、そうではなくさまざまなボーナスが用意されているということもあって、たくさんお金を投入すれば、それだけボーナスをもらえるので、たくさん遊べるのです。

オンラインカジノの成り立ちについて

オンラインカジノの成り立ちは意外と古く1994年ごろのことになります。
この頃に、オンラインカジノについての法律が可決され、正式にオンラインカジノを運営することができたり、ライセンスが発行されるといった法律ができました。
そして今は有名なマイクロゲーミング社などが名乗りを上げ、オンラインカジノのゲームのソフトウェアを開発することになります。

オンラインカジノの成り立ちについて

その後インターネットが普及するとともに、オンラインカジノは進化するようになり、1999年にはマルチプレイヤーシステムが出来上がり、多くのプレイヤーが同時にプレイをすることができるようになりました。
今では、ライブカジノといって現地のディーラーと実際にリアルタイムで中継で繋がってゲームが出来たり、プレイヤー同士で交流をすることが出来たりと、さまざまな楽しみ方ができるようになっています。

以前までは、日本語対応のカジノもそれほど多くはありませんでしたが、今は日本語対応のカジノも増えてきており、英語が苦手な方も楽しみやすくなっています。

オンラインカジノとライセンス制度について

オンラインカジノは、インチキや詐欺のイメージもありますが、実際はカジノ選びをしっかりとすれば、そんなカジノに引っ掛かってしまうことはありません。
なぜなら、オンラインカジノそのものは、国から正式にライセンスが発行された上で運営されており、政府が携わっているなど、公式のものだからです。
したがって、ライセンスを取得しているカジノについては、経営面でも問題がなく、さらに信頼性が抜群と審査で判断されているので、安心して遊べます。

オンラインカジノのライセンスは、運営会社ならどこでも発行されるというものではなく、厳しい審査をクリアし、一定の基準に満たなければ、ライセンスが発行されません。
したがって、オンラインカジノを選ぶ際に、ライセンスを取得しているところを選べば安全に遊べるのです。

儲かり易さと安全性について

安全性の高いオンラインカジノ

安全性の高いオンラインカジノ

ギャンブルを楽しむうえで、懸念材料となるのが安全性です。
オンラインカジノは運営業者の顔が見えないので、なおさら安全性を優先したいものです。

オンラインカジノとライセンスの関係性

オンラインカジノはインターネットを利用するギャンブルです。
手軽に楽しめますから、多くのギャンブルプレイヤーを虜にしています。
しかし、注意しなければならないのは悪質な詐欺サイトの存在です。

カジノサイトを運営する業者は海外に拠点を構えており、トラブルが発生しても損害の請求は困難を極めます。
なんとしても、このような業者を回避しなければなりません。
そこで注目したいのがライセンスとなります。
カジノを合法とする政府が発行するものであり、世界中に20か国ほどのライセンスが存在します。

つぎの項目で、審査基準を解説しましょう。

カジノライセンスにおける審査基準について

オンラインカジノの安全性を担保するためにライセンス制度が導入されています。
審査基準は、運営業者の資金力や経営能力にプラスして、ゲームの公正さや法令遵守を重視しています。
ライセンスごとにレベルの違いはありますが、基本的には厳しい審査と高額なライセンス料が発生します。
しっかりとした運営基盤でなければ、取得が難しいと考えてください。

カジノライセンスは一度取得したら永久にOKというものではなく、定期的に抜き打ちの審査もあり、運営レベルの維持がポイントとされます。

カジノライセンスにおける審査基準

第三者機関による審査について

ライセンス以外に第三者機関による審査が存在します。
おもにカジノゲームが公正に運営されているかを審査しています。
ギャンブルである以上、ゲームの信頼性維持はカジノ業者にとって大切な項目です。

ちなみに、有名な第三者機関としてイーコグラとティーエスティーがあります。
これらの機関はプレイヤーが安全にオンラインカジノを楽しめるように環境整備を目的としているのです。

悪質な詐欺サイトについて

悪質な詐欺サイトについて

残念ながら、現在も詐欺サイトの存在が報告されています。
運悪くこれらの業者に引っかかってしまうと、資金を盗み取られるどころか個人情報の漏洩まで懸念されるのです。
高額なプロモーションボーナスに目がくらんで、うっかりとアカウント登録しないように注意してください。

やはり、カジノライセンスの有無を確認することが先決です。
インターネット上でオンラインカジノの人気情報や口コミ情報など、できるだけ最新の情報を入手しましょう。

ペイアウト比較について

ギャンブルを単純にペイアウト比較してみましょう。
宝くじのペイアウトは45%です。
同様に競馬・競輪は80%、パチンコ・パチスロは85%程度とされます。
それでは、もっとも高いペイアウトを誇るギャンブルは、いったい何だと思いますか?
それは、オンラインカジノとなります。

ペイアウトは驚異の97%であり、ゲームを選べばさらに高めることも可能とされるのです。

オンラインカジノが一番なのか

ペイアウトだけ比較するならば、オンラインカジノが群を抜いています。
しかし、勝ちやすさ比較で難しいのは、勝負の回数にあるとされます。
宝くじの場合には一回の勝負が基本でしょう。競馬・競輪も、数えられる範囲となるはずです。
その点、パチンコ・パチスロは単純に勝負回数を比較できません。
オンラインカジノにおける勝負回数もパチンコと同じで、単純計算が難しいとされます。

たとえば、スロットマシンを例に挙げるならば、1スピンを1回の勝負と考えることができるでしょう。
すると、ほんの数分でかなりの回数における勝負を重ねています。
つまり、時間単位で考えた場合には、高いペイアウトであったとしても損失がかさむ場合があるということです。
この点を十分に理解してください。

ペイアウトをさらに高める方法について

ペイアウトをさらに高める方法について

オンラインカジノでは、ゲームを選べば限りなく勝ちやすくなります。
一定期間においてですが、カジノが発表するペイアウトを覗いて(のぞいて)みると、ペイアウトが100%を超えている場合があるのです。
それは、運営側が損をして、プレイヤー側が勝利していることになります。

普通に考えれば、このような状態が続けばカジノは潰れてしまうでしょう。
あくまで一定期間においての話ですから、トータルで考えれば100%を切るはずです。
しかし、限りなく100%に近いカジノゲームはいくつも存在します。
オンラインカジノは、それだけ1回の勝負に関して薄利です。

また、さまざまな攻略法や戦略が確立しており、忠実に実行すれば初心者であってもベテランと変わらないペイアウトを実現できます。
ここにオンラインカジノの大きなメリットがあるのではないでしょうか?

着実に進化を続けてきたカジノ

日本だけではなく世界中で愛好者のいるオンラインカジノ。
1995年頃に世界初のオンラインカジノの運営が始まり、現在では20年ほどの歴史を持つものとなっています。

確かに当初のオンラインカジノは、不安要素も多く、決して安心して利用する事ができるようなものではありませんでした。
多くのオンラインカジノは、インチキばかりだと言われた時代もあったようです。
しかし、最近では、そのような事は一切なく安心して使用する事ができるように様々な工夫がされてます。

では、一体、どう言った点で安心して利用する事ができると言えるのでしょうか。

オンラインカジノの運営にはライセンス取得が必要

オンラインカジノの運営にはライセンス取得が必要

オンラインカジノを運営するためには、必ず各国が発行するライセンスを取得する事が必要になりました。
それが、インチキオンラインカジノを排除するためには必要不可欠な事だったのです。

ライセンスを取得しなければ、正式にオンラインカジノを運営する事は出来ず、そのライセンス取得にはライセンス料の支払いだけではなく様々な条件をクリアしなければいけません。
そう言った点で、インチキオンラインカジノは、運営する事ができなくなってきたのです。

ライセンスを発行している国は、数多くイギリスやマルタ共和国、ジブラルタル(イギリス領)、キュラソー島(オランダ領)などがあります。
その中でも、正直なところ信頼度の優劣が付けられ、ベリーゼ、コスタリカ、パナマの中南米の国々・政府が発行しているライセンスは、少し信頼性が低いと言えるかと思います。
反対にEU系のライセンス、例えば、イギリス、マン島、ジブラルタル、マンタなどが審査が厳しい事から信頼性が高いと言えるのです。
その為、より信頼性の高いオンラインカジノを楽しみたいと言う場合は、こういった国のライセンスを取得しているオンラインカジノを選ぶ事をお勧めします。

どのような審査基準が設けられているのか?

では、実際にオンラインカジノのライセンスを取得する際、どのような審査基準が設けられているのでしょうか。

まずは、運営資金。
十分な運営資金を保持していなければ、オンラインカジノのライセンスを取得する事は出来ません。
その他、経営能力やマネーロンダリングやマフィア・犯罪者の関与を絶つ仕組みが明確であると言う事。また、ソフトウェアなどゲームの公正さを確保する仕組みがあると言う事などが審査基準となっています。

そして、これらの審査基準をクリアして初めて、ライセンスを取得し、オンラインカジノの運営を始める事ができるようになっているのです。

ライセンス以外にも安心して利用する事ができる仕組み

ライセンスの場合、一度取得してしまえば後は放置ではないか?と心配になるかと思います。
しかし、オンラインカジノの場合はそう言った放置状態になる事はありません。
多くのオンラインカジノでは、ライセンスを取得した後でも、第三者機関によって監査を定期的に受ける仕組みになっているのです。
これは、殆どの場合義務となっており、基本的にどこのオンラインカジノも監査を受け不正のない運営を行っています。

ライセンス以外にも安心して利用する事ができる仕組み

もちろん、オンラインカジノで気になるペイアウト率も監査の一部となります。
その為、ペイアウト率が不正な数字になっていると追う事はなく、信用して利用する事が可能になっています。

海外では安心でも日本では違法では?

オンラインカジノの場合、運営サイトは全て海外となります。
その為、海外では安心して利用する事ができるものの日本国内では、違法ではないかと言う人もいるかと思います。
しかし、この点においても安心して利用する事ができるのがオンラインカジノ。
カジノの場合、日本では違法行為となりますが、これはあくまでも、日本国内で店舗型のカジノを利用した場合となります。
オンラインカジノの場合は、運営は海外となります。その為、日本人がラスベガスやマカオに行ってカジノを行う事と同じ考えだと言えるのです。

その為、日本国内であってもオンラインカジノの場合は違法など気にせず利用する事が可能になります。

ギャンブルでありながらも高いペイアウト率

ギャンブルでありながらも高いペイアウト率

ギャンブルでありながらも、高いペイアウト率になっている事から安心して利用する事ができるオンラインカジノ。

例えば、競馬や競輪のペイアウト率が75~80%と言われている中、オンラインカジノの場合は95%前後と言われているのです。
この数字から見てもわかるようにどれだけ勝ちやすいギャンブルであるかと言う事がわかってくるかと思います。

まとめ

以上がオンラインカジノが安心して利用する事ができるものであるという証となります。
もちろん、現在もなお闇カジノと言われるようなサイトは存在します。
その為、必ず、そう言った闇カジノにだけは利用するような事がないように注意し、オンラインカジノサイト選びだけは慎重に行う事をお勧めします。
その際は、上記のような事に注意し選んで頂けると良いかと思います。

デメリットしかないカジノカフェ

カジノカフェ

オンラインカジノの悪い部分が詰まったカジノカフェ

カジノカフェで利用されているオンラインカジノは、現在主流とされているオンラインカジノとは全く異なります。そして、オンラインカジノの悪い部分が詰まっているようなサービスであり、悪質なギャンブルという認識が非常に強く感じられるでしょう。
しかも、カジノカフェという形で登録しているわけではありませんから、不正にギャンブルを行っていく方法です。運営側のみならずプレイしている人も逮捕されてしまうという問題もあります。

カジノカフェは悪質な面が強く出ている

オンラインカジノは、日本で営業していた場合は問題となるギャンブルではあります。ただ、日本国内で精算が行われているような状況がなければ、警察が逮捕できる状況・理由が存在しません。警察が逮捕したいと思っている場合には、日本国内でギャンブルを行っている証拠と、お金のやり取りが確認できる状況でなければなりません。
しかし、カジノカフェは日本国内でお金のやり取りが行われていることを確認できるので、簡単に逮捕されてしまうのが現状で、カジノカフェ自体が摘発される施設に該当しています。営業している情報は、簡単に警察に感づかれてしまうものですから、すぐにでも情報を確認されてしまうでしょう。
警察は、一定のタイミングで逮捕や摘発という対応を考えています。摘発したいと思っているタイミングをしっかりと作って、問題なく実施できることを考えているのです。そして、そのタイミングで踏み込み、運営している側だけでなく、プレイしているユーザーも逮捕してしまいます。

カジノカフェの犯罪

カジノカフェの違法性は非常に高い

カジノカフェは、違法性の高いギャンブルです。とにかく高い違法性を持っているために、ユーザーは遊んではいけません。摘発されるタイミングで行っていた場合は、単純賭博罪で現行犯逮捕されます。現行犯と後に逮捕された案件では、あまり罪の重さは変わらないものの、色々な準備というものは行われないままです。
また、カジノカフェで遊んでいた場合は、お金のやり取りについても詳細に説明しなければなりません。事情聴取によって、その時の状況について細かく説明を行わないと、釈放させてくれません。つまり長い時間勾留されて、最終的に釈放されるまでにもお金がかかる、とても面倒な状況です。
日本でもカジノカフェは運営されているサービスでもあります。こっそりと運営している場所が多くありますので、声をかけられても付いていくことをしないで、断るようにしてください。

カジノカフェは今も昔も変わっていない

カジノカフェとして営業しているお店は、今も昔も同じような営業形態を続けています。逆に言えば、同じような手法を繰り返していることで、警察も摘発しやすいと考えています。基本的な方法としては、オンラインカジノをプレイできるパソコンを多く使って、すぐにでも遊べるような場所を作っています。後は客を呼び込んで、継続して遊んでもらうことに期待しているのです。

電話で勧誘

昔から声掛けだけで集客

オンラインカジノを利用していることで、闇カジノよりも小さい部屋でも実施できるカジノカフェは、小さい部屋の一室を上手に使ってオンラインカジノを遊ばせる仕組みです。ただ、客を呼び込む方法が非常に難しいため、なるべく声掛けによって信頼できる人を入れる形にしています。
本当に遊びたいと思っている人がいれば、カジノカフェまで来てもらい、実際にオンラインカジノを遊んでもらいます。精算などはその場ですぐに行ってくれる仕組みになっており、オンラインカジノも入金などが簡単にできるよう、独自改良されているものです。すぐにお金を受け取って入金し、オンラインカジノをスタートさせることができます。
後は満足してもらえるまでオンラインカジノで遊んでもらい、最終的に現金を受け取れるほどの利益が出ているなら、現金をもらって外に出ます。今後は呼び鈴を押す形で、確認を取ってから入室してもらうという方針も伝えられるので、1度遊んでいる人は声掛けの人を探さなくても入室できるようになります。

手錠

手法が変わらないので警察も目をつけやすい

カジノカフェが摘発されている背景には、手法が全く変わらないところに問題があるからです。同じような手法を繰り返していれば、警察だってすぐに悪いことと判断できますので、摘発のチャンスを作り出すことができます。
更に、カジノカフェは呼び込みに苦労している傾向もあり、少数の人が入室を繰り返しています。同じ人が出たり入ったりという状況を見られると、怪しいように思われてしまいます。摘発のチャンスが当然早くなるのです。
これからもカジノカフェの手法は変わらないことが多く、逮捕されるまで同じことを繰り返しているだけです。警察としては、全く何も変わっていないところを確認してれば、すぐにでも摘発のチャンスはあると思っています。
方針の変化が出てこないなら、カジノカフェの摘発は更に早まり、大きな利益を上げること無く逮捕される人が出てくるでしょう。